2009年03月30日

PowerPointのVBA

セミナー時のデモンストレーションでPowerPointやExcelを使うことが多いのですが、セミナーの内容とは別にプレゼンテーションで使った機能などについてご質問を頂くことも少なくありません。

例えば、PowerPointで「形式を選択して貼り付け」を記録しようとしても、
「書式なしテキスト」
 と
「書式付きテキスト」
の違いを記録することができません。

テキストボックス内で文字列をコピー&貼り付けするときに、コピー元の書式を維持するか、維持しないかを指定してスライドを作成したいケースは多いと思います。

簡単なVBAですのでご紹介します。

Sub 書式付きコピー()
 ActiveWindow.Selection.TextRange.PasteSpecial ppPasteRTF
End Sub

Sub 書式無しコピー()
 ActiveWindow.Selection.TextRange.PasteSpecial ppPasteText
End Sub

引数 ppPasteRTF は書式付きテキストを意味し、ppPasteTextが書式なしテキストになります。

マクロを作成後にツールバーに登録しておき、マクロのファイルを開いた状態で作業を行うと、他のプレゼンテーションでも利用することができます。

VBAもExcelでもAccessでもよいのですが、何か1つ出来るようになると、WordやPowerPointでもちょっとした便利なツールを作成することができますので便利ですね。
posted by Three bit com at 10:00| PowerPoint(パワーポイント)

2009年03月19日

アドインの作成

Excel(エクセル)の[ツール]メニューに表示される[アドイン]を作成するのにはどうしたらよいか、ご質問を頂くことがあります。

作成方法は、
まずアドインとして利用したいFunctionを作成します。
このブックを保存する際に、ファイルの種類として「アドイン」を指定します。
アドインは、名前を付けて保存のダイアログの「ファイルの種類」覧の一番下に表示されます。

 Microsoft Office Excel アドイン (*.xla)

保存するファイル名がアドインに表示される名前になりますので、分かりやすい名前を付けておきます。

Excelを再起動します。
[ツール]メニューから[アドイン]を選択すると、上記で保存したファイルの名前がアドイン名として表示されます。
利用したいアドイン名のチェックボックスをクリックして「OK」ボタンをクリックします。

ワークシート内で作成済みのFunctionを利用することが出来るようになります。

posted by Three bit com at 10:00| Excel(エクセル)

2009年03月09日

2007との違い

Excel(エクセル)2003と2007ではユーザインターフェースが変わりました。

ですが、VBA(マクロ)の作成に関してはほぼ同じと考えてよいと思います。
Excel2003で作成したほとんどのコードが問題なく2007で利用できますし、2007特有の機能を利用しない限りは2007の標準モジュールはそのまま2003で利用することができます。

開発環境のVBEのインターフェースにも変更はありませんので、開発時にはスムーズに移行できると思います。
Excel2003との違いで覚えておきたい2007のポイントを2つご紹介します。

1)開発タブの表示
 2007では初期設定ではマクロの作成関連メニューがリボンに表示されません。
 マクロ関連メニューを表示するには、
 Officeボタンをクリックし、右下に表示される「Excelのオプション」をクリックします。
 オプションのダイアログが表示されますので、「基本設定」の「Excelの使用に関する基本オプション」より
 「[開発]タブをリボンに表示する」にチェックをいれます。
 Excel2003のVisual Basicツールバーと類似のメニューが表示されます。

2)保存時のファイル形式
 2007ではマクロを含まないファイルとマクロを含むファイルではファイル形式が異なります。
 名前を付けて保存する際のファイル形式として「Excelマクロ有効ブック」 を指定してください。

社内で2003と2007の両方を利用している場合には、2003で開発したものを2007で動作確認する方がデバッグは楽なように思います。
利用環境に合わせて開発時から使い分けをした方がよいかも知れませんね。
posted by Three bit com at 10:00| Excel(エクセル)