2011年07月04日

「開発」タブ

Excel中級ExcelVBA入門 講座で頂いたご質問]

Excel2007、2010でVBA関連の機能を使いたい場合には、リボンに[開発]タブを表示させておくと便利ですが、バージョンによって[開発]タブの表示方法が異なるため迷う方が多いようです。

Excel2007の場合は、

 1)Officeボタンをクリックします。

 2)下方にある[Excelのオプション]をクリックします。

 3)最初に表示されている[基本設定]の画面の右側から
   "[開発]タブをリボンに表示する" 
   のチェックボックスをオンにします。

 4)[OK]ボタンを押します。


Excel2010の場合は、

 1)リボンから[ファイル]をクリックします。

 2)左側の下方にある[オプション]をクリックします。

 3)[リボンのユーザー設定]を選択します。

 4)画面の右側に表示される[リボンのユーザー設定]の
   [メインタブ]の一覧から
   [開発]タブのチェックボックスをオンにします。

 5)[OK]ボタンを押します。


いずれのバージョンでも、マクロの記録と実行を中心に利用するのであれば、リボンの[表示]タブの右端にある[マクロ]からも利用することができます。

また、目立たない場所にあるので気が付かない方が多いですが、「マクロの記録」は、ステータスバーの左端の[コマンド]と表示されている箇所の右隣に[マクロの記録]ボタンがありますので、こちらを使っても簡単に記録することができます。
posted by Three bit com at 10:00| Excel(エクセル)